治療法と歴史

保険が適応できる治療法と費用について

看護師

睡眠時無呼吸症候群はニュースなどで多く取り上げられたこともあり、多くの人が知っている病気になっています。睡眠時にのどが緩むことによって気道をふさぐため無呼吸になってしまう状態の事を言います。肥満体系の人や年配の筋力が弱ってきた人などに起こりやすい病気です。多少の無呼吸は日常生活に影響はありませんが、重度な状態になると十分な睡眠が取れていないことから日常生活に大きな影響が出てきます。仕事中に強い睡魔に襲われたり、車の運転中に眠ってしまうケースもあります。現在では、睡眠時無呼吸症候群に対する有効的な治療方法が開発されています。CPAPという治療法であり、保険適応になるため、大きな負担なしに治療することが可能です。

病気の歴史と変遷について

睡眠時無呼吸症候群は電車や車などの乗り物の事故によって問題が大きく取り上げられるようになりました。以前からあった病気でしたが、社会的にも問題になったことで治療に保険が適応されるようになったのです。睡眠時無呼吸症候群の人はいびきがうるさいです。その理由は気道が狭くなっているために強く呼吸を行う必要があるためです。最近のニュースとして東日本大震災の際に集団で避難生活を行う上でいびきが問題になったことがありました。その際にはCPAPが導入され、いびきの改善に大きな効果をあげています。家庭においても治療を行うことで睡眠の質を改善できるとともに、いびきが改善でき、家族に対しても良い影響が与えることができます。