どんな病気なのか

睡眠時無呼吸症候群とは

病院

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸が停止したり、弱い呼吸になったりする病気の事です。SASとも呼ばれています。そもそも無呼吸と言うのは、10秒以上呼吸が止まってしまうことを言います。睡眠時無呼吸症候群の定義として次のように挙げられます。睡眠中に無呼吸が一時間当たり5回以上起きるか、又は七時間の睡眠中に30回以上無呼吸があるような状態を言います。主な原因として肥満が挙げられますが、それだけではありません。アルコールをよく摂取する人や扁桃が大きい人、下顎が小さい人も挙げられます。睡眠時無呼吸症候群が日本で聞かれるようになったのは、2003年に新幹線の運転士が居眠り運転を引き起こし、オーバーランした事がきっかけでよく耳にするようになった病気です。また、職業上仕方のない事ですが、力士がよくなる病気でもあります。その他にもチェルノブイリ原発事故やスペースシャトル事故も睡眠時無呼吸症候群が原因となって起きた事故と言われています。このように睡眠障害を持つと、社会面でも強い影響を与える危険性があるのです。

病気の重度と治療法について

現在この病気は、日本の人口の4%、約200万人の人が睡眠時無呼吸症候群であると言われています。しかし、これはあくまでも潜在するであろう人数です。実際にこれだけの患者が治療を受けているわけではありません。実際に治療を受けている患者は約2万人程度しかいないのが現状です。 主な治療法ですが、まずこの病気は軽症と中等症と重症に分類されます。軽症とは、一時間に5回から15回呼吸停止が続くような方を言います。中等症は15回から30回、重症は30回以上のことを言います。軽症の治療方法は、生活習慣の改善を行う事が治療法です。中等症の方への治療法としてマウスピースを装着して睡眠する事です。その結果、舌が気道を塞ぐ事が無くなります。重症の方は、CPAPと言う人工呼吸器を装着して睡眠します。人工的に空気を送る事で無呼吸状態を未然に防ぐのです。 現代の社会は、生活習慣の悪化が非常に懸念されています。生活習慣の悪化が無呼吸症候群の患者を増やすと言っても過言ではありません。良い生活習慣を送る事で様々な病気から身を守る。これを認識する事が大切です。